前へ
次へ

喪服にも流行があることを知りました

私が初めて喪服を買ったのは27歳で、祖母が亡くなったために必要になったからです。
その当時は喪

more

和装の喪服に身につけていいアクセサリー

喪服には洋装、和装が存在していますが、和装の時にパールのピアスなどをつけてもいいのでしょうか。

more

喪服の選び方のポイントを知りたい方へ

喪服の選び方を知りたい方へお教えしたい事があります。
若い時に着ていたものが年齢を重ねると共に

more

喪服はレンタルも可能

葬儀は常に急ですので、喪服が手元になかったり、あってもしわや汚れがひどくて着られないといった場合も少なくありません。
また、そう頻?に着るものではないため、数年前に買ったものを着てみたら体型が変わってしまって着られなくなっていたというケースもあります。
急を要するときに困った状況になった場合は、落ち着いてレンタルサービスの利用を検討するのがおすすめです。
急いで買いに行くと納得の行かないまま購入になってしまうこともありますし、そもそも店舗に行く時間もままならない場合もあります。
決して安い服ではありませんので、あまり慌てて購入するのはおすすめできません。
それでは喪服をレンタルする場合、どこに相談すればいいかというと、葬儀社です。
特に自分が親族の側なら、打ち合わせのときに相談するとよいでしょう。
ほとんどの場合、貸衣装の専門業者と提携しているので急でも対応してもらえます。
指定の日時に指定場所に届けてくれて、葬儀が終わったあと葬儀社に返却すればよいという場合も多いので、とても助かるサービスです。
葬儀社を間に挟むとそれだけ割高になるので、自分で貸衣装の専門業者に相談するという方法もあります。
ほとんどの地域に貸衣装を取り扱っている店舗があるので、電話で相談するのがおすすめです。
例えば店舗を構えているところなら、店舗へ出向いてそこで着替えて、直接会場に向かうこともできるので便利です。
まず現物を手に取って試着もできるのが強みで、安心して服を選ぶことができるのがメリットです。

VIPシティホール
新潟にて満足いくお葬式ができるよう、経験豊富な当社スタッフが葬儀に関する手続きなどをサポートします。

処分方法が分からない品物も適切に処理します
地域ごと・品物ごとに異なる分別方法に合わせて適切に処分してくれるので、処分方法が分からない品物があっても安心です。

遠方から参列の方がいるなら堺市立斎場がおすすめ!
親族控室への宿泊も可能ですし、入浴施設も整っているので遠方から参列の方がいる場合におすすめの斎場です。

店舗まで出向くのが困難な場合は、インターネットでレンタル業者を探す方法もあります。
電話や専用フォームから申込むことができて、服は宅配便で指定場所に送られますので手間がありません。
何より価格がリーズナブルなのが魅力ですが、どうしても発送と受け取りがあるので、間に合うかどうかがポイントです。
ほとんどの業者が即日発送に対応していますが、到着は早くて翌日、離れると中2〜3日は日数がかかりますのでそこは考慮が必要です。
葬儀に必要なのは服だけでなく、小物もあります。
小物も同時にレンタルできることがほとんどですので、一緒に検討して手配しておきましょう。
セットになっている場合もありますし、レンタルにどこまで含まれるか事前に確認が必要です。

Page Top